h_tab_3_02

JAPANセルフマネジメント協会について

一般社団法人JAPANセルフマネジメント協会は「女性が輝けば、日本が輝く」を理念とし、女性の自立・
パフォーマンス発揮に向けて、「目標達成のカリスマ」原田隆史プロデュースの各種講座を協会認定講師が
提供しています。
まずは「学びたい」方はもちろん、「教える」立場として活躍されたい方も共に成長できる場が
一般社団法人JAPANセルフマネジメント協会の特徴です。
img_fisrt02

自身の体験談・原田先生との出会い

大学卒業後、国内の大手ビール会社の営業として26年勤務し、様々な組織のリーダーとしてチームビルディングに
関わってきました。現在は独立をしまして自立型セルフマネジメントを使った教育・研修事業を行う会社の代表です。
この学びに出会ったきっかけは2009年の秋です。前職の社員研修に協会の代表理事原田先生がいらっしゃったことで
ご縁をいただきました。原田代表のことは以前から書籍を読んでいましたので知っており、「会ってみたい人NO.1」
でしたから嬉しかったですね。

「息子の不登校を何とかしたい」から始まった

実は、その書籍を読んだきっかけというのは息子の不登校でした。父親としてできることを模索し、多くの教育本を
読みましたが、その中でも原田先生の本を読み「自分が変わらなくてはいけないのだ」という気づきを得た時には、
涙がでましたね。子どもを変えるのではなく、自分が変わらなければダメだと。
それまでは「お前が悪い」「学校が悪い」「奥さんが悪い」という他人に原因があるという考えでしたから…。
そこからまず自分に矢印を向けて考える、という自分に生まれ変わりました。すると、息子の不登校も自然と
治まったのです。
jsm_01

家庭でも会社でも「何のために」

研修を実際に受けてみて、この学びは子どもにも伝えていけると思ったし、会社のメンバーにも伝えていきたいと
思いました。
早速この学びを教えられるインストラクター養成講座にも申し込みをし、資格を得ました。会社では社員研修の講師、
チームメンバーのフォローと多くの場面で活用し、家庭でも息子との会話ではいつも「何のために」や「何をしたい」
という相手の内発性を引き出すコミュニケーションができるようになりましたね。
ちなみに、もう一人の息子は大学4年生になり、部活ではアメフトを行っています。先日関東リーグでチャンピオンに
なりまして、これは父としてとても嬉しい出来事でした。
>>コメント全文はこちら

link_jsm■一般社団法人ジャパンセルフマネジメント協会のページ